FSo-net blog
So-net無料ブログ作成
検索選択

WAKKUNアナグリフ本 [立体映像]

WAKKUNのアナグリフ本を作ってみた。
一枚一枚の写真はそれはそれでアリなのだが、本にすると存在感が違う。なんというか確かなモノになる。
一般向けの本に出来るプリント用紙のセットだが、なかなか良く出来ている。まとまった撮影の時はこれは良さそうだ.元ファイルのCDを作っておけば、脱色の際も作り直せるかな?
作ってみたい人は撮影から製本までやりますよ。仕事として(笑)
交差法で表示しています。アナグリフや平行法でご覧になるには、
最新のFlashPlayerとJavaScriptを有効にする必要があります。
交差法で表示しています。アナグリフや平行法でご覧になるには、
最新のFlashPlayerとJavaScriptを有効にする必要があります。


さてWAKKUNから公開OKをいただきましたので、スライドショーや動画を一部UPしました。 あとで追加予定です。
サイドバーのYoutubeへのリンクでどうぞ!
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 6

imaimage

ima0Gです。
そうですね。
パソコンのモニターの中だけって若干想像に近いですものね。
立体写真なんだからそれで充分なはずなんだけど
実際に手で触れるような形にすると感慨もひとしお....。
「ひとしお」ってなんなんだろう?^^)

by imaimage (2009-02-28 11:17) 

おっと

ima0Gさん
WAKKUNはパソコンやらないので、印刷でしか渡せないんですよ。そこで本にしておけば人にも見せやすいし、バラバラにならないしって感じで、作ってみたらこれは別物!
彼もメガネなので、組み立てキットも付けて渡しました。好評です。
by おっと (2009-02-28 14:05) 

imaimage

でっかい絵とか描いてると
パソコンとか向かいたくなくなる気持ちになるものね。
「モノの大きさ」とか原寸というか現物に込めた勢いや緻密さや偶然は
スケールが重要な要素だったりするから、
原寸が曖昧なパソコンとはかけ離れていますね。

製本すると気持ちいいですよね。
by imaimage (2009-03-01 01:18) 

おっと

現実のモノの手応えを重要に感じている絵描きや彫刻家は、あまりパソコンを使わない人が多いですし、写真や動画も物足りなく感じてるんじゃないかとおもってます。私もそんな傾向は強いですね。
まあ、若い世代はそんな事も無さそうではありますが、、、
又ちょっと驚きましたが、WAKKUNはポスターや本やTVのタイトルなんかにも関わっているので、デザインもやってるかと思ったらノータッチのようでした。


by おっと (2009-03-01 02:41) 

imaimage

私もも少しうまけりゃ
コンピュータなど使わなかっただろうな。
思い通りに描ければね、
コンピュータを使ってでさえ未だに下書きを超えられない時があります。
by imaimage (2009-03-01 10:39) 

おっと

なにをおっしゃるうさぎさん!
そのへんはひとそれぞれ、むいてるやりかたがあるんでしょうね、
by おっと (2009-03-01 23:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。