FSo-net blog
So-net無料ブログ作成

「立体ドローイング制作」解説 [立体映像の作り方]

赤青ライトを使った「立体ドローイング制作」ワークショップを開きました。
赤青ライトで照らした影を赤青メガネで見る「赤青影絵」を元にした方法です。

作業自体は大変簡単で、針金で作った立体を赤青ライトで照らし、写った影を赤と青(正確にはシアン=水色)のペンでなぞるだけ。
子供でもできます。
ただ「どうして?」なのかは解説が必要そうなので、記事にしてみます。

赤青ライトは、人の「眼」と考えてみましょう。
だから2つのライトがあります。
赤と青にしているのは、右目の映像と左目の映像を分ける為です。
akaaoman.gif

ライトで照らすと、紙には右目の映像と左目の映像が赤と青の線になって写っています。
ライトを消してもこの像を見えるようにする為に紙に記録します。
ws01.gif

ライトを消して、部屋を明るくして、針金やライトを片付ければ、紙に書かれた赤青の線だけが残ります。
ライトのあった位置から紙を見てみると、右目の映像と左目の映像が正しく見える位置関係になります。
そして赤青メガネで見た時に、右目には右の映像だけが見え、左目には左の映像だけが見えます。
すると左右の視差による立体視が成立して、線が立体的に見える事になります。


rittai-d.gif
(写真はワークショップで作った作品。人の影は塗りつぶしても良いが輪郭のみも透明人間みたいで面白い。)

これが基本的な原理です。

影を映す場所は床でも壁でも天井でも可能です。
見る場所が違うと、正しくない情報となり像がゆがんだり、ライトの間隔が目幅と違っていたら立体感が変化したり、実際にはいろいろな事が起きますが、それがなぜなのか考えてみるのも楽しいです。

持ち帰った赤青メガネがあり、自分で赤と水色のペンなどを用意すれば、あとからやってみる事も可能です。
赤青ライトを作るのは大変ですから、一台の光源を左右の眼の位置に移動させて、2度描く方法を使うといいでしょう。
又は紙を少し回転させて角度をちょっと変えても可能です。
この際光源は点光源に近いほうが影がくっきりできます。

さらに経験をつめば、ライト無しでも左右の像を想像して立体ドローイングを作る事も不可能ではありません。
興味がある人は試して下さい。
サイドバーのIMAOHJI-IMAGE のリンク先がその可能性を示してくれます。ぜひ訪問してください。

相性の良かった筆記用具。赤青メガネ持参で、試し書きのできる画材店で選ぶと間違えないでしょう。
遠方でも見え易いのはPOSCAまたは絵の具を使用した方が良さそう。
pen.gif

この方法ではすべて飛び出し画像になります。斜め45度からの関係ではファントグラムと同じ事になりますね。
引っ込み画像を作るには赤と青を入れ替えるとかする方法も考えられます。いずれも紙の位置では、赤と青は重なる事を基準に考えれば、想像でも作り易くなります。
sankaku2.gif
計画的に作るには鑑賞方法に合わせてライトをセッティングすれば良い事になります。
例えば壁にはって正面から見るなら、鑑賞者の位置を想定してその場所に人の目幅のライトを設置すればいいでしょう。

そのように工夫次第でいろいろな発展の考えられる方法です。興味あればお楽しみ下さい。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

imaimage

ima0Gです。
さて、どうなんだろう。
私はライトボックスを使ってますよ。^^)

so-netでレイのテストはじめました。
so-netはswfが投稿できないので
使用する画像もホームページにUPする必要があります。
by imaimage (2008-12-24 20:18) 

おっと

ima0Gさん
ライトボックスですか。なるほど!フォトショップならレイヤーで赤青を分ければいいのと同じかな?それでも経験をつまないと簡単な図形でも難しいですよ。
このライトを使った方法はとても簡単なので、最初にはじめるには解り易いと思うんだけでどうでしょう?
私はまだまだ初心者です。
レイso-netでもいけますねー。blogはどーかな?と思っていたのでうれしいです。使いこなせるか心配ですが、、、
by おっと (2008-12-24 23:51) 

Re:Q

成る程!
この分野はどのぐらいクリエイトしている人間がいるか、判りませんが、是非沢山の人に知ってもらいたいですね。面白そうです。
by Re:Q (2008-12-25 09:37) 

おっと

RE:Qさん
やってみれば解りますが、シンプルゆえに、驚きも大きく、純粋に不思議空間が出来上がります。是非試して下さい。大きな作品を見るときの視点移動はかなりクラクラきます。
by おっと (2008-12-25 16:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。